HSPとは?

HSPとは?

『HSP』とは
Highly Sensitive Person”の略で
「高い感受性を持つ人」という意味です。

1996年にアメリカの心理学者である
エレイン・N・アーロン博士によって
提唱された概念で、生まれつき備わっている
気質*」と呼ばれるものです。

病気ではありません。

この『生まれつき高い感受性を持つ人たち』
人口の15~20%いると言われており、
約5人に1人の割合で存在します。

気質:生まれながらにもっている行動特性のこと)

HSPの性質:DOES(ダズ)

HSPには4つの性質があり、
1つでも当てはまらないものがある場合は
HSPではない
とされています。

その4つの性質はそれぞれの頭文字をとり、
DOES(ダズ)と呼ばれています。

① DDepth of processing

(深く処理する)

② Oeasily Overstimulated

(神経が高ぶりやすい)

③ EEmotional  and  Empathy

(感情の反応が強く、共感力が高い)

④ Sbeing aware of Subtle Stimuli

(ささいな刺激を察知する)

このままではわかりにくいと思いますので
1つ1つ解説していきますね。

① D深く処理する

物事を深く掘り下げ、
じっくりと考える傾向があります。

そのため、1つのことに集中して
仕事をこなすのが得意
です。

一方、同時に色んなことが起こったり
一気にたくさんの頼まれごとをする
パニックになりやすいです。

恋愛においても「考えすぎじゃない?」
周りから言われそうなほどに
考えこむことがあります。

② O神経が高ぶりやすい

人からすると些細な刺激であっても
敏感に反応します。

ちょっと声をかけられただけでビックリしたり
反応も大きめです。

小さな出来事でも
胸いっぱいに嬉しくなったり、
とてつもなく落ち込んだりします。

夜に彼から返信がきて、
興奮や緊張で眠れなくなったりする
のも
神経の高ぶりやすさからきています。

③ E感情の反応が強く、共感力が高い

感情が揺れ動きやすく、
その振れ幅が大きいです。

また、
人の感情を自分のことのように感じて共感します。

映画やドラマで
登場人物の気持ちが痛いほどにわかり、
一緒に笑顔になったり、
苦しんだり、涙したりします。

人の考えや気持ちを感じ取りやすい分、
気遣いもとっても上手
です。

ただし自己肯定感が低いHSPさんの場合
相手の気持ちを
優先しすぎてしまうこともあります

彼の表情や声のトーンに影響を受けて、
尽くしがちになってしまうこともあります。

④ Sささいな刺激を察知する

五感*が鋭いです。
五感:視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)

ちょっとした
が気になってしまったり、
匂いに敏感に反応して
具合が悪くなってしまったりすることも。

服のタグのチクチク感がすっごく気になるのも
感覚の鋭さゆえです。

こういった感覚の鋭さを応用して、
場の雰囲気もよく察します


職場に出勤して、
なんか今日はピリピリしてるな…。
と感じたことはありませんか?

HSPの特徴

以下に私が考える
HSPさんの特徴をいくつか挙げました。

✅ 1つの物事を他の人が考えないほどに深く考える

✅ 行動に移すまでに様々なことを考えるため、時間がかかる

✅ 驚かされることが苦手

✅ 人と会うと気が付いた分だけ気を遣い、疲れてしまう

✅ 映画の暴力シーンが苦手

✅ 職場の誰かが怒られていると、自分のことのように感じてつらい

✅ かすかな匂いや音、気圧の変化にも敏感

✅ 細やかな心遣いや、人が自分を笑ったことにもよく気づく

ご自身がHSPかどうか気になる方のために、
アーロン博士が作ったセルフテストの
リンクを貼っておきますね。

HSPセルフテスト(アーロン博士のウェブサイトに飛びます)

HSPと自己肯定感

HSPさんは
ありのままの自分を肯定できて、愛せる感覚
いわゆる「自己肯定感」が
下がりやすいと言われています。

この自己肯定感が慢性的に低い理由は、
幼いころに過ごした環境にヒントがあります。

✅ お母さん(お父さん)から言われた一言を、ひといちばい深刻にとらえた

✅ お母さん(お父さん)の気持ちを察して、甘えたり、感情を表現できなかった

✅ 「恥ずかしがりや」「引っ込み思案」「内気」「臆病」といったレッテルを張られがちだった

HSPさんはこういった体験に
ひといちばい影響を受けやすいです。

一見すると育った環境に
大きな問題はないように見えても
欲しかった形で愛情を受け取れなければ
自己肯定感は育まれません

むしろ、見えない形で心の傷となり、
生きづらさの原因となる
偏った考え方のクセ」が
できあがっていきます。

決してHSP=生きづらいではなく、
HSPさんが幼いころ、その繊細さゆえに
うまく愛情を受け取れなかったことが
生きづらさの原因を作っています

つまり、HSPさんの生きづらさ
後天的に出来上がったものなのです。

ですが、心配はいりません。

自己肯定感は波のように揺らぐものです。
何歳からでも育むことができます

つまり、
ありのままの自分を愛せるような状態には
いつからでもなることができるのです。

安心してくださいね。

HSPさんの恋愛

HSPさんは激しい恋に落ちることがあります

幼い頃、
お母さん(お父さん)からの愛情に飢えて
顔色を伺ってきた経験から
偏った考え方のクセが出来上がっていると

全部さらけ出すことで、
彼が離れていくのが怖い

といった恐怖心が芽生えやすいです。

しかし、
恋愛における複雑な感情の揺れ動き
HSPさんはハマっていってしまいます。

彼の言動1つ1つを思い返しては考えて、
時には反省してを繰り返し、
のめりこんでいきます。

そんな中、
彼との関係の悪化や、失恋を経験すると
受けるショックもは相当大きいものになります。

「私ばっかりどうして…」
「彼じゃないと幸せになれない」
「これだけ尽くしてるのに彼が冷たい」
「一生幸せになんてなれないんじゃないか…」
「こんなにつらいなら、もう恋なんてしたくない」

こういった思考にも陥りやすいのです。

これらの思考は、幼いころからの傷を癒し、
ありのままの自分を愛せる感覚が持てれば
少しずつ変わっていきます。

あなたが自分を変える覚悟を持てれば
自己肯定感を取り戻し、
ありのままのあなたで生きることは可能です。
そして、生きづらさからの解放だって叶えられます。

また、彼の顔色ばかり見て尽くす恋愛
つらい恋愛苦しい恋愛から卒業し、
愛される恋愛や、愛され婚を叶えることも可能です。

あなたは愛されていいし、幸せになっていい存在。
どうか忘れないでくださいね。

提供中のサービス

単発カウンセリング、恋愛継続講座の募集は
メルマガ読者さん限定で案内をお送りします。

HSPでなくても、
ご自身で繊細だと思われる方は
サービスを受けることができますので
ご安心くださいね。

愛されマインドを
ギュッと詰めたこんだメルマガ

無料でこちらから購読できます。